税理士が誰でも目指せる職業なのかを教える総合情報サイト

税理士は誰でも目指せる職業なの?

社会人から税理士は目指せるのか

社会人から税理士になる方法

既に社会人として会社に勤務しているサラリーマンなどの方々が税務士資格を獲得するためには、まず初めに自分の現在の職業が税理士の仕事内容にどれだけ関係が近いものなのかを把握しておく必要があります。この場合の現在の職業がどれだけ関係が深いかによっても今後の資格獲得には非常に重要になりますので、しっかりと把握しておきましょう。

例として別業務の仕事ではあるものの、税理士事務所や会計事務所などに3年以上の実務経験があるかどうかなどの条件を確認し、税理士としての勤務の際の期間を想像しておきましょう。他にも税理士に関係する仕事に就職しておくことで税理士としての知識などを実地で学ぶことが出来ますので、社会人から税理士として勤務をしてみたい場合にはぜひ検討をしてみてください。

社会人から税理士になるには長い時間が必要

社会人から税理士になるには非常に難しいですが、その難易度を上げている理由に税理士試験を合格するためにする勉強俯瞰の確保の難しさがあります。税理士になる為には一般的に言われているもので3000時間以上はかかるといわれており、これだけでも数年間の勉強をしなければならず、非常に難しいことが分かります。

さらに社会人として働いている場合には普段の勤務の都合上、1日に確保することの可能な勉強時間は2時間から3時間ほどだとされています。この時間から考えると、少なくとも3年間は税理士試験の為に勉強をしなければならなくなります。このような点から税理士資格を社会人で獲得するためには非常に時間がかかるという事は覚えておきましょう。


この記事をシェアする