税理士が誰でも目指せる職業なのかを教える総合情報サイト

税理士は誰でも目指せる職業なの?

税理士になるまでの道のりは険しい

高卒でも税理士資格を獲得できる

税理士資格を獲得するためには税理士試験を受ける必要があり、基本的にこの試験は大学に進学している方を対象にしている試験の為、高卒の方では税理士の資格を取れないと考えている方が多いです。ですが最終学歴が高卒の場合でも税理士の資格を手に入れることは不可能ではなく、特定の資格を有していれば受験資格を獲得することが出来ます。

税理士試験を受験するためには日商簿記1級の資格、もしくは税理士事務所や会計事務所での実務経験が3年以上の場合に税理士試験を受けることが出来るようになります。なのでこの資格を有していれば高卒でも税理士試験を受けることが可能なのです。もし高卒で税理士として働きたいと考えている方はまずは日商簿記1級を獲得することを目指してみましょう。

出来る限り大学卒業資格は持っておくべき

高卒でも税理士資格を獲得することはできますが、やはり大学卒業資格を有しているのは重要で、大学卒業から税理士になることが税理士を目指す道の中で最短と言われています。
ではその税理士試験に関してですが、大学で法学部や経済学部を専攻していた場合、学位をしっかりと取得していれば税理士試験の科目が部分的にではありますが免除されるという試験の制度が存在します。この点でも大学卒業が最も税理士になるのに近い道だといわれる所以でもあるのです。

このように一部の試験科目を免除してもらう事によって税理士試験での科目を絞り込むこともできるという点があることからも、税理士を将来就職先として考えている方はできる限り高卒ではなく、税理士として最短の道と言われる大学進学を視野に入れておくようにしましょう。


この記事をシェアする